オバン道

順調に歳とってます。キラキラしない普通のオカンの日記。

子育てしつつ、確実に老いに向かうのを感じる日々。
歳をとるのは仕方がないので、開き直ってオバちゃん路線爆走中。
生まれ故郷から遠く離れた四国の地で、なんだかまあ適当にやってます。

命しょって


車を運転していて気になること。


たまに前を走ってる車で、

車内で小さい子どもが立って動き回ってるの、

運転する大人は、よく子どもにチャイルドシートやベルトをさせずに走るなあと思ってしまう。


自分はちゃんと走ってても、万一もらい事故してしまうかもしれない。

私は無理です。


うちは上の娘はすんなりチャイルドシートに乗ってくれる子で、下の娘は2歳近くまでは激しい抵抗をされる時もあったけど、最近は自分でよじ登って着席するようになりました。教育の成果というよりは、イヤイヤ期でなんでも自分でやりたがる一環ですが(^^;


今日もありました。

目の前をフラフラ走行、子どもは立ってる…せめて道を譲ってくれませんかね。

(徳島のドライバーさん、あまり譲るという習慣がないようです)


そういえば大学の近くの教習所に通ってた頃、複数教習でニセモノの国際免許をつかまされて免許取り直し中のヤクザの幹部と一緒になって、私の運転する番で発進する前に


「ネエちゃん、命、しょっとんのやで…」


と静かに重たい声で言われてめっちゃビビったんだけど、今では金言をいただいたと思っています。


ドライバーは、命、しょっとんのやで。




写真は、吉野川の風景。

(善入寺島〜川島に向かう西側の潜水橋より。あ、ダンナ運転時に後部座席から撮ってますよ)

大窪寺

龍頭の滝を出てすぐに娘たちは車の中でおねんね。

その間に紅葉に飢えていたダンナは香川県さぬき市の大窪寺へ車を走らせました。


四国八十八ヶ所ラスト結願の地の大窪寺、紅葉の名所としても知られています。


駐車場に車を停めると、上の娘(4)はすでに目覚めてルンルンだったけど、下の娘(2)は機嫌極悪。先に上の娘をトイレに連れて行っている間に、ダンナと下の娘は格闘。

「アイス食べさせてあげる」

の一言でようやく車から出てきたらしい。


そして門前のお茶屋さんで合流したけど、下の娘はアイス以外目もくれず、結局私と上の娘で大窪寺の境内と庭園を巡りました。



大窪寺での紅葉狩りは、うちの毎年恒例行事です。

シーズン中には確実に紅葉を楽しめるすべらないスポットな上に、お寺のエリアがそんなに広くなく子どもでも一周できて、お腹が減ったら門前で小腹が満たせるし、トイレもまあキレイなのが大きいかな。




やっぱり今年も見事でした(^^)


紅葉に飢えてたはずのダンナ、結局下の娘にかかりきりで境内に入れず(苦笑)

でもお寺までの道程や、門前の雰囲気でだいぶ満足はしたようです。

ダンナ氏、アイスまみれの下の娘の面倒を見てくれて、ありがとう。

龍頭の滝、金剛の滝

あれ、ダンナ氏昨日は出張じゃなかったの?

ということで、昨日は家族みんなでお出かけ。


まずは三好市三野町の龍頭の滝&金剛の滝へ


龍頭の滝。

紅葉はまだまだこれから。


本当はサクッと龍頭の滝だけを見に行くつもりが、娘2人がその先に続く遊歩道へ歩き出してしまい、結局その上にある金剛の滝も見ました。


途中で小規模な土砂崩れの跡も。



でもそこを乗り越えて金剛の滝。



金剛の滝は、晴天時のお昼前ぐらいに行くと滝に虹がかかってとても素敵!なんですが、今回は時間が早かったのと薄曇りで虹には出会えず。


遊歩道を下りてたら、どんどん晴れてきました。

あと30分遅く行ってたら、滝に虹がかかってたのかな…


下の娘、危険なところ以外は全部自分で歩き切りました。

根性あるなあ。


そしてダンナ「もっと紅葉が見たいなあ…」

え、まだどっか行くん???

(次回に続く)